まずは自分が何のアレルギーなのかを把握しよう

アレルギーかもしれないと感じたら、何がもとで不調となっているのか、その原因物質を知ることが大切です。まずは、どんな症状が出ているかということが、アレルギー物質を大まかに特定するための目安となります。例えば、目や鼻に炎症が起こっているのであれば、空中を浮遊するものに反応している可能性があります。また、胃腸の調子が悪い、皮膚に発疹が出たのであれば、食べ物に原因がある可能性が高くなります。それから、特定のものに接触したことで起こるタイプのアレルギーもあります。次に、いつ症状が出たか考えてみます。例えば、ある特定の季節に出やすいのであれば、その時期に舞う花粉が原因と思われます。また就寝時に出やすいのであれば、家の中のダニやほこりのせいかもしれません。また、特定のものを食べた後に症状が出たり、特定の動物や金属に触った後で調子が悪くなれば、それがもとで起こったと考えられます。これらの内容を日記のように書き留めると、自分のアレルギー物質が何なのかを知るために役立ちます。具体的には、いつどこでどんな症状がでたか、何を食べたか、どんなものを触ったか、何の臭いを感じたかといった事を記録しておきます。自分の状態をつかんだら、最後に医師に相談して、アレルギー物質を特定します。問診の結果や年齢・症状などによってアレルギーが疑われる対象に対し、血液検査が行われることになります。採血の量としては、指先からほんの数滴で大丈夫です。正確で無駄のない診断のためには、症状をきちんと伝える事が大切です。原因物質が絞り切れずに検査項目を増やすことになれば、金銭的な負担も増えてしまいます。そして、血液検査によって、自分がどんなものに反応を起こしやすいか、またどれくらい強い反応を示すのかが分かります。