アレルギーへの理解を持ちましょう

アレルギーとは、原因物質がアレルゲンとなって体内の抗体と結合することで、様々な症状が引き起こされるものです。原因になり得る物質には様々な種類があり、そしてその種類の分だけ、アレルギー自体にも種類があります。出てくる症状としては鼻づまりや目のかゆみ、じんましんや喘息などが代表的なものとしては挙げられますが、食物アレルギーで起こりやすいアナフィラキシーショックの場合には、意識消失や呼吸困難が起きてしまうこともあります。アレルギーで出てくる症状の辛さは、その本人にしかわからないものです。だからこそ、周囲の人はつい無理解のまま、その話題に接してしまうことも少なくありません。たとえば食物アレルギーの人に対しては、特定の食物を摂取することができないことに対して『本当はその食べ物が嫌いなだけなんでしょう』とか、『そんなに神経質にならなくても大丈夫なんじゃないの』と言った言葉をかけてしまう可能性もあります。しかし、特定の食物を僅かでも口に含むことが、命の危険に直結するかもしれないのが食物アレルギーなのです。その恐怖感、あるいは食べたくても食べることができない歯がゆさを想像して、それに対する配慮や理解は、やはり周囲の人が持つべきものだと言えます。また花粉や紫外線に対してアレルギーを持っている方の場合、外出をする際にサングラスやマスク、肌を覆う衣服が欠かせないと言うことも珍しくありません。夏場にこのような格好をされている人を見ると、ついじろじろと見てしまいがちですが、やはり本人にとっては身を守るための服装なのです。ですから、親しい人であればその理由を聞くことまでは許されるとしても、その服装を冷やかしたり、大げさだと笑ったりするのは絶対にNGです。アレルギーの有無に関しては、本人の意思は全く反映されません。だからこそ、そこに対する理解は必要不可欠です。